父の還暦祝いに贈る言葉、メッセージ

父の還暦祝いに贈る言葉、メッセージ

父の還暦祝いにはプレゼントを用意するだけではなくて、贈る言葉やメッセージを準備しましょう。
メッセージの内容については、相手が親しい家族であるため、それほど堅苦しい内容である必要はありません。
おそらく父は多くの方から形式張ったお祝いのメッセージをたくさん受け取っているはず。
したがって、自分の子供からはより気持ちのこもったメッセージを受け取りたいと考えていることが多いです。

 

父がこれからの人生をどのように生きていって欲しいのか、そのことに対する自分の思いを素直に表現してください。
たとえば、「これからも健康に気をつけてね」「いつまでも元気でいてね」といった言葉を添えると良いでしょう。
あるいは、「夫婦でこれからも仲良くいてね」と父だけではなく母との関係についても触れるのも悪くありません。

 

大切なことは、素直な気持ちを表現すること。
自分で考えた言葉を使うことです。
インターネットを調べればたくさんの例文を見ることができますが、それらはあくまでも参考程度にとどめておきましょう。
大切なのは自分が父に対してどのような気持ちでいるのかということです。

 

注意点

父が真面目な人間の場合は、あまりにも砕けた内容を嫌う可能性があります。
父がどんなタイプの人間であるかに応じて、当然メッセージの中身も変えていく必要があるのです。
相手が本当に喜んでくれるようなメッセージを考えて、それを還暦祝いに贈る言葉としてプレゼントしてあげましょう。

父親の還暦祝いに添えるメッセージは何が良い?

父親の還暦祝いにはお祝いの言葉は必須ですよね。 今まで頑張って仕事をしてきたお父さんに、「お疲れ様」という気持ちを込めたメッセージはとても重要です。 普段は照れくさくて、なかなかそういった言葉を言えない方も多いと思いますが、贈り物をもらう人にとって、メッセージはとても大事なもの。 メッセージをもらうだけで、人の温かみを感じることができます。 それが大事な娘や息子からのものであれば、その気持ちはさらに大きくなるものです。 そこで、父親の還暦祝いの際に添えるメッセージについて、紹介していきます。 まずはどうやってメッセージを贈るかですが、何かプレゼントを贈る際に、一緒にメッセージカードをつけるのが一般的です。 いくらメッセージをもらったら嬉しいといっても、メッセージだけの贈り物だとやはりちょっと味気ないもの。 でも、プレゼントと一緒に贈ることによって、よりそのメッセージが生きることになります。 最近では自分の名前で詩を書いてくれるサービスなども充実していて、還暦という記念日にはもってこいです。 父親の名前を頭文字にして、オリジナルの詩が出来ると、父親に感動してもらえること間違いありません。 「ありがとう」や「お疲れ様」などありきたりの言葉をプレゼントするのも良いですが、こういった世界に一つだけの贈り物は誰だってもらって嬉しいはず。 還暦という人生に一回のイベントには、名前の詩、とてもおすすめですよ。